Flutterで始めるアプリ開発

Flutter概要

このページのゴール

  • Flutterの特徴・仕組みを知る

Flutter

Flutterとは

Flutterは優れたUIのiOS/Android/Webアプリを作るための
Googleが提供しているツールです。

Flutterを使うと、
1つのソースコードでiOS/Android/Webアプリが同時に開発できるのです。

さらに、UIを作るために必要なパーツも整っていて、
簡単に凝ったUIが作れちゃいます。

Flutterの特徴

  • ⚡️ 高速に開発できる
    • エディタ周りのサポートも厚く、簡単かつ高速に開発できる環境が整っている
  • ✨ いい感じのUIが簡単に作れる
    • Android/iOSスタイルのデザインパーツを使って、誰でも整ったUIが簡単に作れる
  • 🚀 さくさく動く
    • パフォーマンス面も問題なし

公式サイト

サンプルアプリ

Flutterを使ったアプリのサンプルです。
少ないコードで動きのあるアプリを作ることができてますね 👍👍👍

Flutterの仕組み

どうやって動いているのか?

Flutterでプログラムを書くと、
1つのソースコードでiOS/Android/Webそれぞれ同じUIのアプリが作れます。

どうやって実現してるんでしょうか 🤔

まず、Flutterでアプリを作るときは
Dartというプログラミング言語で開発をします。

このDartは
1つのソースコードからiOS/Android/Webで動作する形式に変換できるのです。

FlutterはDartのこの仕組みを利用し、
iOS/Android/Web上でDartで書いた処理を動かしているのです 👀

Dart

DartはFlutterで採用されているプログラミング言語です。

JavaScriptに似た書き方なので、
プログラミング初心者の方でも扱いやすい言語ですね 👍

まとめ

  • Flutterを使うと簡単にアプリが作れる
  • FlutterはDartを使いiOS/Android/Web上で動かしている

何となくFlutterの事が分かったでしょうか 🤔
次はFlutterをインストールしてみましょう 😆

参考情報